女の人

ニコニコえがおのブルーベリーで健康体|スッキリした爽快な毎日

糖の吸収抑制が重要

血液

適正値を超えないように

ヘモグロビンa1cが適正値から大きく外れると、糖尿病やそれにともなう合併症の危険性が高くなります。したがって特に糖尿病予備軍といわれた人などはヘモグロビンa1cの数値に常に気をつけておくことが大切です。ヘモグロビンa1cの適正値は男性か女性かによって異なります。さらに、年代によっても多少の違いがあります。各世代ごとの適正値を頭に入れておくのはなかなか大変なので、6.0パーセントを超えない方がよいということをざっくりと認識しておくとよいでしょう。ヘモグロビンa1cの値を見ると、過去2ヶ月間の平均的な血糖値がわかります。ヘモグロビンa1cは先述のとおり6.0パーセントを超えない方がよいのですが、ではどれくらいなら全く問題がないかというとそれは5.3パーセント以下ということになります。

キクイモに豊富なイヌリン

ヘモグロビンa1cの値がいったん高くなったら、そのままの食生活を続けているのはよくありません。そのままにしておくとどんどん数値が高くなる心配があるからです。ヘモグロビンa1cの値が8パーセントを超えると脚の感覚がなくなって壊疽などが起こりやすい状況となってきます。ヘモグロビンa1cの値を下げるには、キクイモのサプリなどが効果的だといわれています。キクイモには天然のインスリンと呼ばれているイヌリンが豊富に含まれています。イヌリンはごぼうや玉ねぎなどにも多く含まれている健康成分ですが、最も含有量の多いのがキクイモです。イヌリンは腸内で難消化性のオリゴ糖に変化します。また砂糖や果糖に由来する糖分を包み込んで吸収を阻害する効果も持っているのです。